【ヨガとアロマ】もう風邪をひかない!ヨガとアロマでダブルアプローチ!

ライフスタイル

冬が訪れると、身体の調子を崩して、風邪をひいてしまうことも…。
そんな方におすすめなのが、免疫向上させるヨガとアロマのダブルアプローチです。
今回は、免疫細胞の7割が集まるといわれている腸を刺激するヨガと、抗菌作用のある精油のアロマ芳香浴をご紹介します。一緒に行うことで、強い身体を作り風邪を予防しましょう。

風邪予防におすすめのヨガポーズ・ストレッチ

①かんぬきのポーズ

【やり方】
1. ヒザ立ちの状態になります。足幅は腰幅に開きバランスをとりましょう。
2. 左ヒザを横に開き、直角に立てます。
3. バランスを取りながら左足をまっすぐ伸ばしていきます。
4. バランスを取りづらい場合は、つま先を正面に向けても構いません。
5. 息を吸いながら、両手を頭の上に持ち上げます。
6. 吐きながら伸ばした足の方へ、上半身を倒します。息を吸いながら両手を頭の上に戻し、吐きながら、両手を体側に下ろします。
7. 息を吸って両手を頭の上に引き上げ、吐いて身体を倒し、下の手で足首やすねなど、つかめるところをつかみます。吸いながら目線を伸ばした手の延長線上へ向けます。ヒザをつかまないよう注意します。
8. 余裕があれば伸ばした手の方を見ながら、呼吸を続けます。きついときは、目線を下げても構いません。ポーズを解き、反対側も同じように行います。

②キャットアンドカウのポーズ

【やり方】
1. 床に四つん這いになります。手首は肩の下、膝は足の付け根の下へ置きましょう。膝と膝の間は拳1個分ほどあけ、つま先を立てます。
2. 息を吸いながら尾骨(びこつ)を天井へ向け、背骨を1本ずつ意識して反らせていきます。気持ち良く胸を開きつつ、目線は天井に向けます。
3. 息を吐きながら尾骨(びこつ)を床に向け、背骨を1本ずつ丸めていきます。両手で床を押し、肩甲骨を外へ開くようにして、目線はおへそへ向けます。
4.2〜3を3呼吸から5呼吸、繰り返します。

③チャイルドポーズ

【やり方】
1. 正座に座り、背筋をまっすぐに伸ばします。この時、足の親指は重ねないようにします。
2.両手を前方の床に伸ばします。
3.ゆっくりと息を吐きながら、手を前方に滑らせ、骨盤から前に上半身を倒します。
4.おでこと手のひらを床につけ、肩や首の力を抜いてリラックスします。
5. 背中や腰は丸くなった状態で柔らかく保ち、身体の重さに身を任せて、数回呼吸を繰り返します。
6.起きるときは、両腕で支え、頭が最後になるように、ゆっくりとロールアップします。

風邪予防におすすめのアロマ芳香浴


風邪は疲労がたまって無理をしたときにかかりやすくなります。日頃から心と身体を緩め、免疫力を高めておくことを心掛けましょう。抗菌作用の期待される精油を選んで芳香浴をすることをおすすめします。アロマディフューザーなどがご自宅になくても、ティッシュやハンカチを使って、アロマを楽しむことができます。
・準備するもの…精油合計1~2滴、ティッシュペーパー、ハンカチ、コットンなど。
・手順…ティッシュペーパーなどに精油を1~2滴つけ、香らせたい場所に置きます。置く場所の遠近で香りの強さを調節してください。また、ハンカチで行う場合は、目立たない部分につけて試してから行いましょう。精油によってはシミになるものがあるので注意しましょう。
・おすすめの精油…ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダーなど
オフィスのデスクまわりなどでも、気軽に楽しむことができます。枕元に置いたり、バッグなどに入れて持ち歩いでもよいでしょう。

まとめ


以上、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したヨガとアロマ芳香浴は、比較的生活に取り入れやすいものになっていますので、ダブルアプローチで、ぜひ常日頃から免疫力を高めておきましょう。

関連記事一覧