「夜ヨガ」って何がいいの?メリットやオススメポーズをご紹介

ポーズ

「ヨガっていつするのが一番効果的なの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

結論から言うと、ヨガはいつ行っても効果があります。

しかし、その効果やオススメのポーズは時間帯によってやや異なるもの。

この記事では夜にヨガを行うメリットやオススメのポーズをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

夜ヨガのメリット

夜にヨガを行う主なメリットは、リラックス効果を得られること。
具体的には次のようなメリットがあります。

・1日の疲れを癒すことができる

ヨガのポーズをとると、全身の筋肉がほどよくほぐれます。
そのため、夜に行うと1日を通して体に蓄積された疲労やコリの緩和するのに効果的。
また、体がほぐれることで血流が良くなり、冷え性改善やむくみ解消といったメリットも感じることができますよ。

・精神的に安定する

心身の状態を司る自律神経は、呼吸と深い関係があります。
ヨガを通して呼吸が深まると自律神経のバランスが整うため、体だけでなく心も落ち着けることができるのです。
ストレスを感じている方や不安に駆られることが多い方は積極的に取り入れましょう。

・睡眠の質が上がる

ヨガのポーズや呼吸を通して副交感神経が優位になると、心身ともにリラックス効果が高まります。
そのため、寝つきがよくなったりぐっすり眠れたりと睡眠の質を高めることができますよ。
睡眠の悩みを抱えている方はぜひ夜ヨガを習慣にしてみてください。

オススメのヨガポーズ

夜にヨガを行うなら、筋肉をしっかりと使うポーズよりも緩めるポーズの方がオススメ。
副交感神経が優位になるよう、深い呼吸を繰り返しながら行いましょう。
寝たままできる簡単ヨガポーズをご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

・仰向けの合せきのポーズ

「仰向けの合せきのポーズ」は、股関節の柔軟性を高め下半身の血流を良くするポーズ。寝る前に行うことで体全体が温まります。骨盤の歪み解消にも効果的なので、寝る前の数分間ベッドの中で行うのがオススメです。

【やり方】
1.マットに仰向けで寝る
2.両膝を立てる
3.膝を左右それぞれに開き、足で菱形を作る
4.手のひらを天井に向け、脇にこぶし一つ分の空間を開ける
5.ゆっくりと呼吸を繰り返す

・ワニのポーズ

「ワニのポーズ」は体を大きくツイストするポーズ。全身をほどよくほぐすことができるほか、自律神経を整えたりな内臓機能を高める効果があります。寝る前だけでなく、朝に行うと便秘解消効果も期待できますよ。

【やり方】
1.マットに仰向けで寝る
2.右膝を立てる
3.息を吐きながら右膝を左側に倒す
4.右手はまっすぐ右側に伸ばし、指先から肩までマットにつける
5.目線を右手の指先に定め、呼吸を繰り返す
6.1の姿勢に戻り、反対側も同様に行う

・ガス抜きのポーズ

「ガス抜きのポーズ」は内臓機能の活性化や体を温める効果があるポーズです。腰回りをやさしくほぐすこともできるため、寝る前に行うと体を内側と外側からいたわることができます。太ももをお腹にあてながらゆっくり呼吸してくださいね。

【やり方】
1.マットに仰向けで寝る
2.両ひざを曲げ、胸の前で抱える
3.息を吐きながら両足を抱き寄せる
4.数呼吸キープする

まとめ


夜ヨガのポイントは、なるべく力を抜いてゆったりとした気持ちで行うこと。

「ヨガしなきゃ!」と強い気持ちで行うのではなく、「ヨガで心身をケアしよう」と体を労わるような気持ちで取り組んでみてくださいね。

お気に入りの音楽をかけたり、好きなアロマをたいたりしながら行うのもオススメ。

よりリラックス効果が高まり、心身ともに充実させることができますよ。

関連記事一覧