在宅太りを解消!ダイエット効果の高いヨガポーズ5選

ポーズ

外出自粛や在宅ワークが続き、すっかり体重が増えてしまったという方は少なくないはず。
そんな方は、この機会にヨガを初めてみませんか?

ヨガには歪んだ体を整え、血流を高めることで様々な不定愁訴を改善します。
さらに、ダイエット効果の高いポーズを行えば体を引き締めにも効果的。
つまり、ヨガは在宅期間でなまった体の改善に最適なのです。

この記事ではダイエット効果の高いヨガポーズをご紹介します。

1.キャット&カウ

「キャット&カウ」はヨガの代表的な動作の一つ。
体幹部分を大きく動かすので、お腹や背中の引き締めや内臓機能UPに効果的です。

【やり方】
①マットに四つ這いになる。肩の下に手首、股関節の下に膝をつく。

②息を吸いながら背中を反らせるようにヘソをマットに近づける。
 目線はやや上。肩甲骨を寄せ、尾てい骨をあげる。

③息を吐きながら背中を丸め、ヘソを天井の方向に持ち上げる。
 目線はお腹。肩甲骨を天井に向かって開き、尾てい骨を床に向かって丸めこむ。

④2,3をゆったりしたテンポで数回繰り返す。呼吸を止めないよう注意。

【効果】
・体幹の強化、引き締め
・肩こり解消
・骨盤の歪み解消

2.ツイストポーズ

「ツイストポーズ」はウエストの引き締めに効果的。
内臓機能に刺激が加わるため、デトックス作用も高いです。

【やり方】
①マットに座り、両膝を立てる。

②左膝を外側に倒し、右脚の下にくぐらせる。
 右足は左膝の外側につくようにする。

③息を吸いながら左手をあげ、吐く息に合わせて右膝の外側にかける。

④息を吸って背骨を伸ばし、息を吐きながら右の肩を後ろに引くイメージで上半身をひねる。

⑤数呼吸繰り返したら脚を組み替え、反対側も同様に行う。

【効果】
・ウエストの引き締め
・背骨の歪み解消
・便秘解消

3.英雄のポーズ1

「英雄のポーズ1」は下半身を引き締め、上半身を伸ばすポーズ。
全身を大きく使うので、運動不足解消におすすめです。

【やり方】
①脚を前後に大きく開いた状態で立つ。

②前足の膝を曲げ、かかとの上に膝が来る位置まで踏み込む。後ろ足もしっかり床を踏む。

③骨盤が部屋の正面の壁と平行になるよう、位置を調整する。

④息を吸いながら両手を耳の横まで持ち上げる。余裕があれば目線は天井へ。

⑤数呼吸繰り返したら脚を入れ替え、反対側も同様に行う。

【効果】
・下半身の引き締め
・ウエストの引き締め
・姿勢改善

4.英雄のポーズ2

「英雄のポーズ2」も全身を大きく使うポーズの一つ。
上半身も下半身もバランスよく引き締めます。

【やり方】
①脚を左右に大きく開いた状態で立つ。

②右のつま先は右側、左足のつま先は正面を向ける。

③右膝を曲げ、かかとの上に膝が来る位置まで踏み込む。左足もしっかり床を踏む。

④脚の付け根の高さが揃っているか確認し、腰が反らないよう尾てい骨をマットに向ける。

⑤息を吸いながら両手を天井に向かって持ち上げ、吐く息に合わせて肩の高さに開く。

⑥数呼吸繰り返したら脚を入れ替え、反対側も同様に行う。

【効果】
・下半身の引き締め
・上半身の引き締め
・代謝アップ

5.三角のポーズ

「三角のポーズ」はお腹まわりが気になる方に特におすすめのポーズ。
キュッと引き締まったウエストを作ります。

【やり方】
①脚を左右に大きく開いた状態で立つ。

②右のつま先は右側、左足のつま先は正面を向ける。

③両手を左右に広げ、右の股関節を自分の方向へ引き込む。同時に右手を右側に引っ張る。

④上体を限界まで伸ばしたら右手を脚、左手を天井に伸ばしてキープ。

⑤数呼吸繰り返したら脚を変え、反対側も同様に行う。

【効果】
・ウエストの引き締め
・便秘解消
・腰痛改善

まとめ

思ったより辛い!と感じた方も多いのではないでしょうか?
ヨガは続けることで徐々に体が引き締まります。
在宅太り解消を目指して、毎日こまめに行ってくださいね。

関連記事一覧